性病について|風俗求人サイト「夢ろーど」宮崎県版は、宮崎のデリヘル・ピンサロ・セクキャバなどの求人情報サイトです。宮崎市・延岡市・日向市・都城市・小林市

性病の仕組み・対策・検査

感染したら「完治まで休養」が基本です

風俗で働く女性にとっての基本的な知識として、性病は人と人が粘膜を通じてコンタクトすることによって感染します。
粘膜同士でのコンタクトなので、性器どうしで接触する性交渉は性病感染確率が非常に高くなるのは言うまでもなく、口と口での接触、つまりキスでも相手が性病に感染しているのであれば感染する可能性があります。
口の中に傷があったりすると感染確率が高まりますし、性病に感染している男性から体を舐められた時に自分に傷があっても性病に感染する確率があがります。



 

性病に感染する確率を少しでも下げる方法

前述したように風俗で働く女性の場合性病は主に粘膜部分同士の接触で感染します。
ただ、性病に感染している男性と接触したから100%性病に感染するというものではありません!!
免疫力が高い状態だと感染しにくくなります。

しっかり睡眠・食事を摂る生活を心がけましょう。

 

自己の免疫力を高い状態に保つ以外にも方法はあります。
接客前に男性の体をできる限り清潔にすることです。一緒にシャワーを浴びる前やお風呂に入っているうちに歯磨きをしてもらう・イソジンなどの消毒液をつかってのうがい・体全体をボディソープで洗う・消毒液をつかって男性の性器周辺を洗うなどが有効的です。

 

シャワーの最中に性病に感染していると気付いた場合はもちろんサービスを中止にすることもできます。




性病検査や性病対策はお店によって様々

風俗店によっては契約している婦人科への月に1回の性病検査を女性に義務づけていて、女性の性病検査代を負担してくれるなど、性病対策を万全に用意しているお店もありますが、一方では、口頭での確認だけで終わるお店もあります。
また、検査代を全て負担しているお店は多くありません。
これらについては、特に法律などでの規制やルールはありませんのでお店次第となっているのが実状です。自己管理のうちに入ると思っていて下さい。

HIV検査も同様です。

 

基本的には性病に感染したら完治するまでは出勤しないのが鉄則です。出勤したら今度はお客さんに自分の病気をうつすことになってしまいます。

 

 

性病には潜伏期間があり、初期の段階では判断が難しいものが殆どです。

違和感があれば即検査に行くのが良いですが、その違和感すらわからないことも多いので、月に一回、定期的に検査を受ける習慣をつける必要があります。

検査は、婦人科・産婦人科・性病科で行います。

 

 

性病に感染したらどのような症状がでるか

症状として多いのは性器周辺のかゆみ等。
他にはのどの腫れや痛み、口内炎が増えるなどがあります。


通販や薬局で購入できる性病感染検査キット

 

自宅で自分で検査できる性病検査キットというものがあります。
ネットの通販などで調べたい病気や思い当たる病気を調べ、該当する性病検査キットを通販で購入します。(数千円〜3万円くらいです)

キットが届いたら体液などを採取し、検査所にそのまま郵送することで検査結果が返送されるという仕組みです。
この性病検査キットを使うことで、病院にいかずとも気軽に検査でき、検査の精度もかなり高いようです。

 

ただ、風俗店で働く女性は性病に感染する確率が高くなりますし、性病検査をして陽性だとわかった場合は、市販の薬では治療ができませんので、結局は医者に見てもらう必要があります。

ですから、検査キットに頼るよりも、かかりつけの医者を見つけて定期的に検診してもらった方が長い目でみればはるかに安心です。
海外からの薬品輸入サイトを利用すれば性病の治療に有効な抗生物質などが購入できるようですが、自分の判断で抗生物質を購入・利用するのはかなり危険なのでおすすめできません。

 

とは言っても、多忙などの理由で通院できず、どうしても自宅で検査したい場合に通販サイトで検査キットを購入してください。中身がわからないように梱包して郵送してくれるなど、プライバシーにも配慮してくれるので、実家暮らしの女性でも気にせず利用できます。

 

性病は、重症化する前に見つけて早く治療に取り掛かれば、それほど治療が大変なわけではありません。早く処置をすることで、休暇も少なくて済みますが、焦らず、シッカリ直す必要があります。

風俗バイトについてまわる性病は、 感染してから完治まで休養が基本です!

 

性病の種類について

性病は性的接触を通して感染する感染症の一種で正確には性感染症(STD、Sexually Transmitted Disease)と呼ばれます。

比較的認知度の高い性病の種類には、
「淋病(りんびょう)」「梅毒(ばいどく)」「クラミジア」「ヘルペス」「エイズ」
などがあります。
これらは人体の中にあるウィルスが性行為を介して他の人に感染しながら拡大します。

セックス・フェラチオなどの直接的な性行為によって感染するだけでなく、キスによる粘膜からの感染や皮膚の傷口からも感染することがあります。

 


淋病(りんびょう)

淋病は淋菌感染症(りんきんかんせんしょう)とも呼ばれることがあります。オーラルセックスによる感染が多いとされている病気です。 感染者数も性病感染患者の中ではかなりの割合を占めます。
予防方法としては、オーラルセックスの際もコンドームを着用すれば感染確率は減ります。

淋病の特徴としては複数あり、性器がかゆくなる・嫌なにおいや黄緑のような色をしたおりものが増える・下腹部に鈍痛がする・排尿時に痛みを感じる・頻尿になる・残尿感を感じる・のどが痛くなる・炎症を起こすなどがあります。
ただ女性の場合、淋病に感染しても自覚症状があまり無い事が多いと報告されています。
自覚症状が無くても病気自体は進行していきます。進行すると性器周辺の症状だけでなく、子宮内膜、卵管、卵巣など体内の奥の方に悪い影響を与えます。結果として卵管炎になって不妊の原因になることもある、女性にとって実はとても怖い病気なのです。

治療方法は抗生物質の投与と休養です。
抗生物質は1週間か2週間程度服用して、最終的に淋病の菌が体内から排除されたことを医師に確認してもらいます。検査の結果淋病の菌が無ければ治療が完了となります。
ただ、2012年に「治らない淋病」が見つかり話題になりました。既存の抗生物質では効果が見られないことから「スーパー淋病」と呼ばれています。新しい種類の抗生物質を発見しないと完治できないという説もあります。

 

梅毒(ばいどく)

皮膚・粘膜・傷口などから感染します。
感染しても潜伏期間があり、症状の発症までは2週間から3週間程度の期間があります。
梅毒の症状は大きく分けて4つの期に分けられます。

【第1期】
性器周辺や傷口周辺にしこりのようなものができます。また太ももの付け根のあたりが腫れます。どちらも痛みはあまりありません。
【第2期】
感染後2ヶ月か3ヶ月くらいが2期にあたります。皮膚にピンク色の斑点ができる、倦怠感・微熱が続く、豆粒くらいの大きさの発疹が体中にできるなどします。ここまでくるとだいたいの人が異変に気づきます。症状は1ヶ月くらい続きます。
【第3期】
第2期の症状が止んだあと放置しておくと、しばらくは症状が何も無い状態になります。しかし、感染してから3年以上経過すると皮膚に大きなしこりが出てきます。このしこりはゴム腫と呼ばれ、触るとゴムのような感触があります。
【第4期】
神経にまで梅毒の菌がまわり、脳や神経に障害が起きます。結果死に至る人もいます。

現在の医学は進歩していて、第3期まで進行することはほとんどありません。ペニシリンなどの抗生物質を投与することで確実にウィルスを体内から根絶できます。

 

クラミジア

数ある性病の中でも最も感染しやすい病気といわれています。
また、クラミジアに感染しているとHIVへの感染率が3倍から5倍高くなるという統計もあります。
女性の場合おりものが増えるなどの症状がありますが、目立つ自覚症状がないことが多いです。妊娠してからの妊婦検診ではじめて気がつくケースが多数報告されています。

自覚症状が無いまま体内の奥まで進行すると子宮頸管炎・子宮内膜炎・卵管炎をおこし、子宮外妊娠などの原因になります。

クラミジアの病原菌は体液や粘膜を経由して感染します。なのでキスやオーラルセックスでも感染します。
治療方法は抗生物質による治療で、だいたい一週間ほどで回復することが多いです。
クラミジアに感染したまま治療をせずに出産した場合生まれてくる子供が結膜炎・肺炎を起こす事があります。
治療・回復可能な病気ですが、生まれてくる子供の為にも妊娠時に妊婦検診を受けて、クラミジア感染がわかった場合は治療して全治させてください。

 

ヘルペス・性器カンジタ

これらは性行為によって感染するのではなく体の抵抗力の低下に伴って潜伏している菌が表面化する病気です。なので詳しい説明は省きますが、どちらも抗生物質の投与で症状を治めることが可能です。
気付いたら早めの対応をおすすめします。

 

毛じらみ症

ケジラミという昆虫が寄生することによって陰毛周辺がかゆくなる病気です。
感染経路は男女の性交渉が多いと言われています。
病気は1ヶ月から2ヶ月の潜伏期間の後発症します。
陰毛部分だけなら治療方法は簡単で、ケジラミが寄生できないよう毛を剃るとケジラミが寄生できなくなるのでかゆみもなくなります。頭部や他の部分で剃毛が難しいなら投薬による治療も可能です。

 

トリコモナス膣炎

膣周辺に強いかゆみが発生し、いやな匂いのおりものも症状として現れます。
感染は性交渉が多いですが、お風呂やシャワーなどからもまれに感染します。

 

尖圭コンジローマ

陰部周辺にイボのようなものが形成される性病です。
病気に感染してから発症までの潜伏期間は約3週間~8ヶ月程度です。
発症しても痛みやかゆみはほとんどないという人もいます。
治療方法は自然治癒、塗り薬の塗布、外科手術です。
放置しておいても回復することがありますが、妊娠・出産時には必ず治療してください。感染したまま出産すると子供ののど・性器・肛門にいぼができてしまうことがあります。


風俗の面接